バラを育てる方法

花の女王をガーデニングで育てる!初心者におすすめのバラ苗

手を傷つけない

花

バラを育てる場合、気になってしまうのが棘です。鋭い棘は、剪定作業を行なう際に手元を傷つけてしまうことが多いです。安全に剪定作業を遂行するためにも、専用の皮手袋を通販で手に入れましょう。

詳しく見る

肥料の力で健全に

男性

どんな環境条件下でも、バラを健全に育てる力を有する肥料があれば、きれいな花を咲かせてくれます。天然有機物の肥料を使用すれば、土壌を柔らかくして栄養豊富にしてくれます。

詳しく見る

きれいなアーチを作る

花

憧れのイングリッシュガーデン風の庭先にするために、バラアーチを作りたいなら育てる品種を考慮したほうがいいです。つる状に枝を伸ばすクライミングローズを選べば、きれいなアーチを作り出しやすいです。

詳しく見る

おすすめ関連リンク

  • タキイネット通販

    バラの苗はここの専門店で購入ができて便利です。セールも開催されており、会員サービスも充実していますよ。

ある程度育った大苗を

庭

花の女王であるバラは、香り高いものです。高貴な香りを放ってくれるので、香水や芳香剤の原料として活用されることが多いです。香り高いバラは、ガーデニングでも育てることが可能です。しかし、育てるにしても繊細な植物であるので、ガーデニングで育てる場合は最新の注意が必要です。ある程度手馴れている人なら、どんな品種のものでも育てられる可能性があります。もし、初心者でガーデニングを始めたばかりなら、購入する苗に注意をした方がいいです。

ガーデニング初心者にうってつけのバラ苗は、大苗で購入するのがおすすめです。大苗は、ある程度専門家に育てられているものなので、購入したその年に花を咲かせます。どっしりと重たい苗で、よくしまっている枝を生やしているので、健全に育ちやすいからです。それに鮮やかな葉も生やしていることが多いので、順調に成長をしていける可能性を秘めているので、初心者には最適なのです。新苗の方が安くて手頃に購入しやすいですが、繊細な植物なため慎重に育てていかなければ、花を咲かせる可能性が低いのでどちらかと言うと上級者向けです。

はじめてバラを育てるなら、どっしりと健全に育てられた大苗のものを購入するのがおすすめですが、大苗は新苗とくらべて値が張ります。安く購入する方法としては、通販サイトを利用すれば予算を節約できます。健康的な大苗を通販サイトなら、お手頃価格で手に入れられるので、予算を節約してバラを育てられるのは確かです。